JAにじの概要

 

組織名称

にじ農業協同組合(JAにじ)

事業区域

うきは市浮羽町、うきは市吉井町、久留米市田主丸町

本店所在地

〒839-1321 福岡県うきは市吉井町356-1

          代表電話番号:0943-75-4121

LinkIcon地図はこちら

組合員数

17512名(うち、正:6929名 准:10583名) (平成26年度末)

代表者

代表理事組合長 川原 文次

役員

理事:19名 監事5名

職員

348名(正職員200名、パート他148名)

設立

平成8年4月 (旧3農協による合併)

事業内容

金融事業を主体とする総合事業

業務内容の詳細

営農・経済事業

農家・組合員への営農指導や市場等取引先への農産物販売、

新規就農支援や肥料・農薬などの生産資材販売、農業機械等の販売など

組合員や地域住民を農業を通じて幅広く支援する業務です。

金融・共済事業

貯金や融資(ローン)、共済(保険)などの窓口業務や事務・営業活動を行う業務です。

組合員・地域住民の生活の安定と将来の安心を与える業務です。

その他

総務、企画(広報)、福祉、葬祭事業など様々な事業を展開しております。

LinkIcon事業所一覧はこちら

JAにじの経営理念

 
 1.未来にはばたく農業づくり
 2.まごころふれあう地域づくり
 3.希望にかがやく人づくり
 4.笑顔いきいきJAづくり
 

にじの基本方針(平成28年度)

1.持続可能な農業を維持し生産者と消費者のニーズに応える、果樹・野菜づくりと所得増大をはかるにじブランドの生産・販売による元気な農業づくり。
2.担い手サポートセンターと連携した農業生産法人の推進と新規就農者・担い手支援による元気な地域づくり。
3.女性の活躍を支援する生活・文化・福祉活動の活性化による元気な家庭作り。 
4.中期三か年計画の実践と、経営の効率化による財務の健全化と職場の活性化による元気な職場づくり。

にじの事業内容

 
普通作・果樹・野菜・緑化・花卉・農畜産等の生産部会の充実と共販率向上につとめ、高品質、安全生産で競争力の強い産地確保につとめています。また、農業振興とゆとりと魅力ある農業基盤づくりをすすめるために、営農企画機能の充実と営農指導体制の整備強化を図っています。

組合員および地域住民の豊かな生活のために必要な生産資材・生活資材・農機・車両・燃料等のニーズの対応につとめています。

地域金融機関としての役割を発揮し利用者サービスにつとめています。
また、組合員および地域住民の生命と財産を守るため、それぞれの生活設計に対応した生活総合保障を提案し、各種共済の普及につとめています。

豊かでゆとりある暮らしを実現するための生活総合機能の充実と強化につとめ、JAまつり・自給市等を通じて、食と農の交流を深める活動を展開しています。

 

JAにじのシンボルマーク

 
人と自然の架け橋に。JAにじ


卵型の輪(青色)は「筑後川」と「九州」を表し、三本の流線型(赤・黄・緑)は「虹」を表すとともに「耳納連山」の四季を表しています。
さらに、JAにじから、すばらしい自然環境ではぐくまれた農産物や情報を全国に発信するという「人と自然の架け橋」をイメージしています。