新役員体制についてのお知らせ

 
平成30年6月26日、第22回JAにじ通常総代会にて役員の選任が行われ、その後の理事会の承認を経て下記のとおり決定しました。
 

 

役職名

氏名

所信

組合長

代表理事組合長

右田 英訓 

 叫ばれる「自己改革」。それには「組合員から必要と認めてもらえる」そんなJAであり続けることが不可欠です。そのために、農家所得の向上および、地域の活性化をめざします。同時に健全な経営確立のため精一杯努力します。

専務 

専務理事

 久保田 和宏

 JAの総合事業を堅持し「国民の食と農やくらし、そして命を守る運動」を継続するとともに、創造的自己改革の実践を通じて農業者の所得増大と地域の活性化に向けて全力を尽くしていきます。

常務 

金融共済担当常務

 田中 英次

 JAを取り巻く環境が激変するなか、現在取り組んでいる「自己改革」を最重要課題として役職員一体となって取り組み、組合員・地域になくてはならない存在になれるよう全力を尽くしていきます。

常務 

営農経済担当常務

 石井 信一

 現在、JAは大転換期を向かえ、自己改革に取り組んでいますが、今後も組合員の所得向上と組合員から必要とされる組織づくりをめざし、また、将来においても安定した経営となるよう頑張っていきます。

常勤監事 

常勤監事

 末金 和子

 平成31年よりJAにも公認会計士監査が義務づけられ、監査契約を締結した監査法人が監査証明を出すことになります。公認会計士監査では、内部統制の整備や有効性の確認が必要とされますので、対応が十分に行われているかを確認したいと考えています。監事監査は組合員の利益保護が目的であり、理事の職務執行の監査に真摯に取り組みます。